柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.692 イメトレしておかないと有事対応はできない

先日、小松空港で足止めとなりました。まさかの延泊。JAL最終便が機体不良で 欠航になりました。 出発予定時刻は19:55。ところが予定時刻を20分経過しても何のアナウンスなし。 搭乗口付近の待合の気配が険悪な気配になったそのときです。搭乗口付近から 「…

Vol.690 自由の範囲

“わが社は自由な風土・・・伸び伸びと仕事をしてほしい”と入社式で話す社長の ニュース映像を見ました。4月におなじみの入社式風景の一コマです。しかし、 ほんとにほんとに“自由”なのでしょうか。正確に言うとこの自由は“ある範囲の中での 自由”ですよね。…

Vol.690 上になったら”上”の仕事をする

「上」になればなるほど仕事をしなくなるのが日本企業。その真逆が外資系企業の本社。 15年ほど前はそうでした。最近は変わってきましたね。日本の会社も「上」が目一杯 働くようになりました。 「上」になればなるほど、求められる仕事の質が上がり、対応し…

Vol.689 屈折心がもたらすこと

上司の悪口。中間管理職にとっての格好の肴です。笑える上司ネタはいいですね。 それが悪口であったとしても底辺に「愛」があります。そうでない“ただの悪口”は いけません。楽しくありません。周囲に悪い気をもたらします。 中には自分以外のすべての人につ…

Vol.688 経験しないとわからない

無理を言ってはいけません。誰かに仕事をお願いするときに、その人が体験したことが ないし、見たことも聞いたこともないことをやれ、と言ってませんかね。 そりゃ、無理です。「青沼静馬」を知らないIndigoblueのMTNさんに“青沼静馬の物まね”を やってくれ…

Vol.687 働き方改革はどうなった?

いい加減にしてほしい。そう思いませんか。国会審議のことです。 森友問題、財務省改ざん問題が看過できないのはわかります。しかしですよ、 「働き方改革」はどうなったのでしょうか?厚生労働省のバックデータがいい加減で あったという辺りから雲行きが怪…

Vol.686 内部通報制度を整備する前にやること

“伊調馨選手周辺”へのパワハラ問題。いつもそうですが、この手のことは実態が 明らかになる前に過剰報道されがちです。その結果、事態が複雑化し、被害者が 増えます。明らかに報道被害です。数か月前の貴ノ岩関への暴行事件もそうでした。 引退を表明された…

Vol.685 日本の人事制度はなし崩し的に崩壊する(後編)

(中編のおさらいです) 副業解禁により、会社と社員の関係がいよいよ変わります。 従来の人事制度はなし崩し的に崩壊します。(中略)今後の人事制度のフレーム(枠組み) ですが、私はこのようにその概要を想像(創造)します。(以下抜粋です) ・全社員…

Vol.684 日本の人事制度はなし崩し的に崩壊する(中編)

(前編のおさらい) 「例外」が例外でなくなる、ということはよくあります。・・・気づいてみたら 例外の方が普通になってきたというのがそれです。この状態にあるのが「人事制度」 だと思います。 ・・・大企業で採用されている人事制度が人の成長や会社を…

Vol.683 日本の人事制度はなし崩し的に崩壊する(前編)

「当たり前」がそうではなくなってきている。ところがルールや規範が追いつかない。 突き詰めて考えてみると、なんで違反なのかもはや不明。むしろルール違反をした方が ベター・・・。しかし、ルールは変わらない・・・。そうなるとルール違反者が大半 とな…

Vol.682  なんでもトップのせい、ではない

”トップが、トップが、“と、なんでもかんでもトップのリーダーシップのせいにする コンサルタントや大学の先生がいますが、トップをやってきたものの目線として、 わかってないなぁと思います。 何をすべきか、どう振る舞うべきか。考えていないトップはいま…

Vol.681 ヒトとヒトをつなぐ

ヒトとヒトをつなぐのが好きです。 知り合いのAさんとBさん。お互いにお互いのことを知りませんが、引き合わせたら 面白い展開が期待できそう、と思ったら、会食みたいな場を仕込む。こんなことを 繰り返しやっていたら、面白い知り合いがたくさん増えました…

Vol.678 パロマの大変貌に感動

聞いてください。 猛烈に感動しました。パロマという会社に、です。 パロマは日本を代表するガス機器製造販売会社です。 2006年7月14日、奈落の底に落とされます。過去に製造した瞬間ガス湯沸かし器による 死傷事故問題が勃発したのです。同様の事故に関して…

Vol.677 人が休んでいるときに働いてくれている人がいる

あけましておめでとうございます。年末年始はいかがお過ごしでしたか? お正月の恒例行事となった“アカスリ”に出かけてきました。昨年もそうでしたが、 お正月のサウナの客層はアングラ演劇の世界です。よもぎサウナでなにやら密談する ロシア人の二人組。一…

Vol.676 本当のチームワーク

あっという間に年の瀬。22日(金)はIndigoblueの忘年会でした。 OT(Organization theater)で活躍してくれている役者陣も含め60名超のメンバーが 参加。都合により参加できなかったメンバーを入れると仲間が100名近くなりました。 大きくなったものです。 …

Vol.675 スキルを仕事資産にする

月刊誌The 21一月号「40代でやっておくべき11のこと」のP19 から3ページにわたって コメントしています。12月9日発売。まだコンビニ、書店で発売中と思います。 よろしければ、ぜひご覧ください。 おまけで動画も撮りました。 https://shuchi.php.co.jp/the2…

Vol.674 ”全力自由人”宣言

先日、数年ぶりに会ったマーサー時代の同僚から「柴田さん、雇われ経営者を降りて どうですか?」と聞かれました。「100倍幸せな毎日だ。」と即答しましたが、 まさにその通り。今は“全力自由人”として毎日を楽しく過ごしています。 自由人とは、自分の時間…

Vol.672 働き方改革の原動力

「働き方改革」を手伝ってほしい、語ってほしいという依頼が連続しています。 時流ですね。私の考えは(何もなければ)11月29日の日経産業新聞のSmart timesに 掲載される予定です。ぜひご覧ください。要は何のための「働き方改革」なのか、 誰のための「働…

Vol.671 担々麺、硬め?辛め?からの示唆

Indigoblueのオフィス近くに山椒が効いた麻婆豆腐を出してくれるお店があります。 ただ辛いだけという説もありますが、たまに食べたくなります。一人でふらりと 行くことが多いのですが、その日もランチタイムにカウンターで食べていました。 私が食べ終わり…

Vol.670 納豆と目玉焼き

“納豆もらえますか?” 大阪でよく利用するホテルのクラブハウスでお願いしました。 ここ数年、大阪出張の際には、たいていこのホテルを利用しています。 客室から堂島川を望み、堂島川沿いに立つオフィス群に思い出あり。 さらに、ここはどこにいくにも便利…

Vol.669 自分に”空き”をつくる

休みました!連続で5日間。プライベートの用事があったので、まるまる予定なしは 11月3日の1日だけでしたが、仕事からほぼ完全に離れた1週間でした。以前はPC持参の 休暇でしたが、今回はPCにほぼ触らず。さすがにスマホは保持。ただし、急ぎ以外の メールへ…

Vol.668 人材の生殺し

“自分はここにはいない” この感覚。辛いですよね。自分が入る余地がない。人はこう感じたときに”疎外感“を覚えます。 私の場合、そう感じたらそのことに時間を割くのは止めます。なにしろ、ストレスが溜まります。 精神的にも弱ります。この逆はいくらきつく…

Vol.667 日産の無資格検査に思う

日産の西川社長の19日の夜の記者会見。辛かったですね。 トップに正しい情報が提供されていないことが露呈していまいました。 4年ほど前に某巨大企業の社長さんとお会いしていたときのことを思い出しました。 突然メモが入り社長さんが驚愕の表情に。その後…

Vol.666 自ら動けば不安は課題になる

“未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ” アメリカのコンピュータ 科学者のアラン・ケイさんの1971年の言葉です。 (原文はThe best way to predict the future is to invent it.) 真理だと思います。未来を創るのは自分です。こうしようという…

Vol.665 働き方改革の本質とお願いこと

対話型スピーカーの発売が発表されました。ますますAIの存在が身近になりますね。 こうなると早い。いろいろな方面にどんどん展開していくでしょう。職場でもそうです。 気がついたら当たり前のようにAIを搭載した“ロボット”や“システム”が身近に なるはずで…

Vol.664 信頼しても依存しないチーム

“みなさんは外野を5人で守っている” 某大企業の改革に関わったときの私の発言です。 考えられないようなミスが発生した後の話です。 野球に例えて言えば、この5人はボールに対する勘、走力、肩の力、いずれも優れています。 しかし、平凡なセンターフライを…

Vol.663 発達障害”との向き合い方

“障害はその社会のスタンダートに合っていないことである” 発達障害者の社会復帰を支援する事業を行っている 株式会社キズキ代表の安田祐輔さんの言葉です。 “米国におけるADHD(注意欠陥、多動性障害)者の割合は日本と比べると低い。米国では 職場等で動き…

Vol.662 火に油を注ぐ

今日のテーマは「火に油を注ぐ」です。 ここのところ、毎日のようにOT(体験型ケーススタディ)のファシリテーションを 担当しているのですが、この状況によく出くわします。 ネットで調べますと「勢いよく燃えている火に油を注ぐと、ますます火勢が強くなる…

Vol.661 50代管理職へのエール

今日のメルマガは50代の管理職の方々へのエールです。 50代の管理職にとっては、まさに受難の時代。グローバル化、多様化、リーダーの若年化、 働き方改革の要請、AIの活用などなど仕事環境はどんどん変わっていきます。しかも50代 ともなると役職定年がカウ…

Vol.660 大塚家具に思う

今日のテーマは「大塚家具」です。「大塚家具」さんについてはマスコミを通じてしか 知りません。ただ、オーナー企業の改革という文脈から関心をもって、過去のお家騒動 以降この会社の動静を見ていました。 その「大塚家具」について、以下の興味深い記事を…