読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.330 "仕事ナンパ"のススメ

(このヒトとは相性が合う!)

そういう直感ってありますよね。数日前にそういう方にお会いしました。
で、もっとお話したいと思い、すぐにアポとり。
Indigo Blueのオフィスにお越しいただき膝詰めで議論しました。

その方は私より人生の先輩。僭越ながら、その感性、考え方ともにかなり
"同じ銀河系"にあると実感。
いろいろな面で一緒に仕事をしていただくことになりました。

これ、明らかに"ナンパ"です。そう。"仕事ナンパ"です。

残念ながら、私は「姉ちゃん、茶飲まへんかー」とか「お一人ですか?」系のナンパは
一度もしたことがありません。が、この"仕事ナンパ"については、
かれこれ25年以上の実績を誇ります。


そもそもは大学時代の劇団の旗揚げです。なにしろ一からの立ち上げだったので、
一緒にやってくれる仲間が必要でした。まずは身近なところから。
ということで同じグリークラブの同じパートの後輩(といっても彼は二浪なので同い年)の
F君をナンパ。彼と"同じ銀河系"だと感じたのは"ギャグのセンス"。
突っ込み系の私にとって、居酒屋に紫の皮のパンツをはいてくる彼の"ボケ"は
非常に感度が良かったのです。

まだ脚本もない、役者も一人もいない。当然、公演日程も決まっていない。
そういう中で、"同じ銀河系"だと感じたヒトを片っ端からナンパして
旗揚げ公演にこぎつけました。

その後の職業人生の中でも、思い起こすとこの"仕事ナンパ"をずいぶんしてきました。
特に意識してそれを実践するようになったのは38歳くらいからです。自分より年上のヒト、
若い人、仕事に直接関係するヒト、全く関係ないヒト、いろいろです。合いそうだ!
と直感したヒトについては、その後すかさず連絡してゴハンを一緒に食べる。
その後、同じ"銀河系"に関するテーマが出てきたときは、すかさず連絡。
また、同じ銀河系のヒトには引き合わせる。この繰り返しです。

ただし、相手の何かに期待してはいけません。損得系の話ではありません。
営業目的はNG。結果として、なんらかのビジネスが発生することはあります。
しかし、それはあくまでも派生的なこと。お互いの何かが共鳴する。だから会う。それだけ。
この関係性でないと長続きしません。


ちなみに今回の方について"同じ銀河系"だ!と感じたのは「生活者目線」の思考です。

「自社の強みを訴求できるターゲット顧客層を特定。その中で最大のシェアをとる」、
そのために「競合との差別化」を図りつつ、「顧客を囲い込む」。
伝統的なマーケティング思考です。

それを教わってきたヒトであればあるほど、そういう思考パターンになります。
表面的には「顧客の目線で・・・」と言いながらも、気づかずに実態としては
供給者側の論理に立っている方が非常に多いように思います。自分もそうでした。
その昔、マーケティングについて勉強したときには、まさに上記のセオリーとロジックを
徹底的に教わりましたので。

しかし、今や明らかにそれではダメですね。
顧客は自分で感じ、考え、動く。誰にも囲いこまれません。

俗に言う"スマートコンシューマー"になると、供給者側の仕掛けを信用しません。
利害関係が無い人たちの声、自分の感性、これで動きます。供給者側が考えるよりも、
もっともっと顧客は自由です。死後になりつつありますが「Web2.0」以降、
SNSTwitterなどにより、これに拍車がかかりました。

だから"売ろう"するのではなく、"買いたい"と思ってもらう。
それがマーケティングのベースになってきているわけです。
この変化を理解せずに、競合が安くしたから自社も・・・的なことをするのは愚の骨頂。
選ばれずに、いいとこ取りされておしまいです。

この方とはこの点で完全に共感。現在企画中の「Indigo Blue×早稲田塾」による
ビジネススクール(未来塾)で教鞭をとってもらうことにしました。

"仕事ナンパ"のチャンスは異業種交流会ではなく、日常にあります。待ちの姿勢ではダメです。
自分から"ナンパ"を仕掛けていく。そうすると、不思議なことに逆ナンされることも増えてきます。
そういうオーラが出るのかもしれません。

・・・ということで"仕事ナンパ"のおススメでした。



======================================

おまけー1:今週は香港に行ってきました。感心したのは「キャセイパシフィックの機内放送」。
飛行機が着陸したときのアナウンスの中で「これより携帯電話をご利用になれます。」
これは素晴らしい。乗客の気持ちを良く理解しています。



おまけー2:その香港、一日目。地元のヒトしか絶対に行かないところで夕食。
翌日のランチは、地元のヒトが絶対に行かないところへ。
こういう行き方をするといろいろ見えてくるので楽しい。



おまけー3:お待たせしました!「柴田塾:Biz・tainment」のお知らせです。

今回は12月22日~24日@早稲田塾秋葉原校です。
8月のトライアル実施を経て、いよいよ本格稼働です。

詳細はこちらを。(15名限定です。) 

http://www.miraijuku.com/biztainment.html