読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.424 全力でやれ!

"ジョギングの中で「全力疾走」してみた。
「全力」はやっていないとできなくなる。

仕事も同じ。"偉く"なると「全力」対応しなくても日々過ぎる。
気が付くと筋肉が衰えている。

意図的に仕事の「筋トレ」をしよう。"

 

先日、Facebookhttp://www.facebook.com/#!/ShibataReiji

でつぶやいた一言です。

 

(「メルマガ読んでます。」と書いていただければ"友達申請"OKします。)

 

私たちは歳を重ねるごとに「今この瞬間、全力で立ち向かう」ことを
しなくなります。


立場的に全力でやらなくてもよくなったり、
全力を出すことが照れくさかったり・・・。

 

よくある話です。しかし「これではいかん!」と強く思っています。

この状態を放置しておきますと、いざというときに全力対応できなくなります。

 

若い世代が経験やスキルのなさをカバーするために「全力対応」する。
これはよくある話です。

しかし、経験やスキルが熟練してきたからといって「全力対応」を
忘れていいわけがありません。

「全力」を出さないでいると「全力対応」する筋肉が確実に衰えます。

 

数年前から朝に20分程度のジョギングをしています。
ある意味で生活習慣化しているので"走る"という行為に全く抵抗がありません。

 

映画「ロッキー2」を観た翌朝のことです。
ロッキーよろしくダッシュしようとしたのですが、
頭の中でイメージしているようにはダッシュできませんでした。
このギャップたるや結構ショック。

 

中学時代に足が速かった方なので、陸上部でないにもかかわらず、
市内で大会があると呼び出されていました。そのときのイメージで
ダッシュしようとしたのですが、足が出ない、出ない。

うわーっ、なんじゃこりゃーと思いました。

 

その後は意識的に「全力疾走」を組み合わせた走り方をしています。
ジョギングの途中に1週250メートルのトラックがあるのですが、
ジョギングと全力ダッシュを交互にやることにしました。

 

これを始めて1か月。なんとか「全力疾走感」を取り戻しました。
股関節や手足がちぎれそうになる感じ。歯を食いしばる感じ。これです。

 

仕事もそうです。気を抜いていると「全力対応」できなくなります。

 

役職が上になると、メモとりや資料の読み込みを下にやってもらうようになります。自分で考えるというよりも、下が考え、まとめた内容について。
相談・報告を受けるというスタイルになります。
これは、下の仕事を上がとるべきではありませんし、上は上がやるべき仕事に

専念すべきだからです。

 

しかし、だからといって"メモとり"を全くやらないでいると、できなくなります。時には「全力でメモとり」をしてみましょう。
先週、某所で6時間連続、6名の方のインタビューをしましたが、
敢えて「全力でメモとり」してみました。


 

帰りの新幹線の中でとりまとめと整理も全力でやって、
さすがに"腱鞘炎"みたいになりましたが、
たまにはそういう動きもしてみないとメモ取りの癇が鈍ります。
他人にメモとりをお願いするときにも、どのくらいの負荷になるのか
わからなくなります。



 

全力対応シリーズ「その2」。

 

30代のころに当時、自分の生産性を高めようと「この仕事を1時間で終える!」
とか「15分でメモを書く!」と自分に言い聞かせてやっていました。
最近、これを再開しました。

 

その後スキルレベルが格段に上がったので1時間かかっていた仕事は
半分以下の時間でできるようになりましたし、メモ書きももっと短い時間で
質の高いものができるようになりました。

そうすると、いつの間にか自分に課題を課すことをしなくなっていました。

 

また、38歳以降、社長や代表取締役という役割しかしていないので、
(顧客を除き)誰からも課題を課されないのが日常化しています。
これはいけません。


 

"一定の仕事を一定の時間内で一定以上のクオリティで仕上げる。
これを自分に課す。"

この意識が「仕事の筋肉」を鍛えます。

 

映画「ロッキー3」で全力を出せなくなったロッキーが、

合宿先の海岸で「What's the matter with you!」

 

とかつての宿敵で今はコーチとなったアポロから怒鳴られます。
アポロみたいな存在が近くにいるなら、そのヒトにはっぱをかけてもらいましょう。


 

さもなければ、自分で自分にはっぱをかける。「全力でやれ!」と。

 


=====================================

 

おまけー1:9月13日~15日に某総合研究所主催の「柴田塾」があり
出講してきました。内容はいつもの「柴田塾」と同じ。
2日目に「体験型ケーススタディ」があるのも同じ。

今回も"地に足がつかなくなる中での課題対応"。

 

受講生のみなさんには"全力対応"してもらいました。(^_-)

 

おまけー2:ロッキーのシルベスタ・スタローンの最新作「エクスペンダブル2」

http://expendables2.jp/ 
CASTがあまりに"アベンジャーズ"なので笑えます。

 

おまけー3:Indigo BlueのKさんがフランスまでマラソンをしに行ってきました。

給水場にあるのは「ワイン」、しかも"かぶりもの"で42.195キロを走るという

"おおばかもの"の大会。これに日本から324名も参加していると聞きました。

 

 

"おおばかもの"の数としては、地元フランスを除くと、イギリス、
ドイツに次ぐ第三位。

 

素晴らしい。