読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.538 サードプレイスをつくる

おはようございます。これまでも何回か書きましたが、

 

PATH(東証マザーズ:3840)という会社のCEOをやっています。Indigo Blueとは二束の

わらじです。「プロジェクト:柴田励司」としてはつながっていますが、

現時点では全く別のことをやっています。

 

このPATHで昨年末に女性誌「DRESS」を発行しているgiftという会社を幻冬舎さんから

お譲りいただきました。これに伴い私は同社の代表取締役会長を兼務することになりました。

 

ちなみに「DRESS」はこんな雑誌です。

 

http://p-dress.jp/

 

 

雑誌のビジネスモデルは崩壊しています。雑誌は典型的な広告モデルです。雑誌の販売売

上だけでは成立していません。広告収入が相当の割合を占めています。今、ほとんど全て

(と言っていいと思いますが)の雑誌が苦しいのは販売部数が落ち込み、かつ広告収入も

落ち込んでいるからです。

 

かつてCCC時代に「esquire」という男性雑誌の休刊を決めました。従来型の雑誌モデルでは

もはや立ち行かないと判断したからです。

 

みなさんも雑誌を買わなくなりましたよね。

 

その私がなぜ敢えて「DERSS」を買うことを決めたか。それは「DRESS」を媒介として

やっている「部活動」が想定以上に盛んであること、「DRESS」編集長の山本由樹さんと

雑誌の枠を超えた展開について意気投合したからです。山本さんはかつて女性誌「Story」の

編集長を務め、“美魔女”ブームの火付け役だった人です。メディアにもよく登場している

かっこいい“業界人”です。

 

私は「DRESS」のファン層を核として「サードプレイス」をつくりたいと思っています。

 

「サードプレイス」という概念を最初に提唱したのは、アメリカの都市生活学者のレイ・

オルデンバーグです。 1989年に自著『The Great Good Place』の中で、都市に暮らす人々が

「心のよりどころとして集う場所」をサードプレイスと名付けました。 オルデンバーグは、

その代表例としてイギリスのパブ、フランスのカフェ、ドイツのビアガーデンなどを挙げ、

それらが自由でリラックスした雰囲気の対話を促し、都市生活における出会いの場や良好な

人間関係を提供する重要な空間であると主張しています。(日本の人事部から)

 

SNSやオンラインゲームはバーチャルな「サードブレイス」を組成します。私が考えている

「サードプレイス」は違います。リアルなふれあいのある「サードプレイス」です。

メインはリアル。オンラインは「リアルから生まれる価値を最大化するための」ツールとします。

 

「サードプレイス」に集う人たちの集団はコミュニティになります。しかも、特定の趣味・嗜好を

拠り所にしていますので、アフィニティ(Affinity)です。その中で自分の生活を豊かにしたり、

便利にしたりするモノやサービス、または自分を高めるための機会が口コミで紹介され、

経済活動が自然に醸成されることになるでしょう。

 

買ったことがないものを買うとき、行ったことがないところに行くとき、読んだことがない

本を読むとき、見たことがない映画を見るとき・・・信頼する知人からの口コミほど影響力が

あるものはありません。

 

そういう場を創りたいと思っています。このためには雑誌だけでは要素不足です。実際に集う

場所が必要です。リアルな体験を積む場が必要です。今後、この範疇で一緒にやっていく会社、

個人を募っていく予定です。

 

この手の新しい試みを現実化させるには、やはり相応のパワーが必要です。修羅場もあるでしょう。

そういう場にチャレンジしたい若者にポジションを用意したいと思っています。転職してもらう

のではなく、大企業からの出向・派遣のイメージです。大企業ではこうした新しい試みを

ハンズオンでやれる場が少なくなっています。そういう場を用意していきたいと思っています。

こちらはIndigo Blueでやっている人材育成系の話です。

 

情報の編集機能は読み手にシフトしています。企画もそう。従来型の雑誌づくりを進めて

いっても先がありません。門外漢ならではの“おきて破り”と“非連続な発想”でやっていきたいと

思っています。

 

ぜひ「DRESS」を応援ください!

 

http://www.fujisan.co.jp/product/1281694322/

 

 

おまけー1:Oさんのアレンジでお会いしたかったコンサルティング業界の大御所のHさんと

会食する機会がありました。いろいろ感銘しましたが、なかでもこれは傑出。

 

「あるやつの披露宴でスピーチを頼まれたんだけど、僕に頼むなんで命知らずだねって、

披露宴の数日前に言ったら、そいつが何を思ったか、披露宴の前日に過去の浮気を全部

嫁に告白したらしいよ」

 

すごい牽制力だ。さすが。

 

おまけー2:スーパーあずさで長野県の某所へ弾丸往復。グリーン車の中で、さきいかを

むさぼるように食べる女性あり。もう2時間食べてる。気になる。

 

おまけー3:新しい研修プログラムのご紹介をするIndigo Blue dayですが、1月28日(水)に

まだ若干の空があります。

 

https://indigoblue.co.jp/indigo_blue_day/