読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.560 PHAZE稼働!

PHAZE稼働。

 

先週16日に福岡天神の「仕事基地」場所をお借りして、全国で最初の説明会を開催しました。

 

http://shigoto-kichi.com/tenjin/

 

ちなみに、PHAZEとは、“偏差値の高い大学には行っていない。あるいは大学にも進学

してない。ただし、地頭はいい。人間的な魅力もある。”こんな若者を発掘し、仕事力を

鍛えて「熨斗」をつけて企業に推薦する試みです。

 

PHAZEの運営団体一般社団法人です。Indigo Blue.ではありません。これは将来的に

PHAZEを社会のインフラにしたいと思っているからです。私は発起人。Indigo Blue.の

Yさんに初代の理事長をお願いしています。

 

説明会当日、短パンTシャツ姿の若者からリクルートスーツ姿の若者まで、多様な若者が

集まりました。彼ら彼女らが期待していることは様々でしょうが、明らかなのは、

社会に出る前として“あまりに無防備”であること。このまま今の”就活“に臨み、

そのまま就職していくと、自分のポテンシャルを開花させる可能性に気づかずに時が

過ぎてしまう。特に偏差値の高くない大学や大学に行っていない人が”どうせ・・・“

という劣等感にやられてしまう。

 

理事長のYさんの説明を聞く彼ら彼女らの表情を見るにつけ、この企画の意義を再度実感。

これは話さずにはおられんと、予定になかったプチ講演をしました。以下、その要旨です。

 

仕事ができると仕事が楽しくなります。仕事の報酬は仕事。いい仕事をしたら、もっと

いい仕事ができるようになります。いい仕事はいい仲間がいてこそ成せるものです。

一人でできるものではありません。

 

人は自分の居場所があることが何よりも幸せなことです。いい仕事をしていると自分の

居場所が職場に生まれます。良い上司、仲間に恵まれます。結果として経済的にも恵まれます。

 

いい仕事をするための「スキル」と「心のもちよう」は決まっています。PHAZEでは

それらを徹底的に伝授します。これらを習得していれば、どこに行っても必ずいい仕事ができます。

 

スキルには特定の会社で特定の仕事をするための「特定スキル」と、どこの会社で

何の仕事をするにしても必要な「ポータブルスキル」があります。ここで伝授するのは

「ポータブルスキル」の中で、特にいい仕事をする力に直結する以下の5つのスキルです。

 

1. 議論をまとめ、議論に参加している人たちを納得させるファシリテーションスキル

2. 相手の表情を読み、表情で語るスキル

3. 聞き手を惹き込むプレゼンテーション

4. わかりやすい文章・資料をつくるスキル

5. 情報を整理し構造化するスキル

 

「心のもちよう」はその字の通りですが、以下の5つを常に意識しておくことが仲間や

支援者を増やします。

 

1. 自分の心に素直に動くこと

2. 自分以外は全て「師」であると思うこと(自分がエライとのぼせないこと)

3. 自分の考えに執着するのではなく、目標を達成することへの執念を持つこと

4. 理と情のバランスを意識すること

5. Resilience(へこたれないこと)

 

学生たちの“驚いたような”顔。もっと聞きたいという目。これに応えていきたいと思いました。

東京での説明会は7月3日(金)19時~と7月18日(土)の15時~です。

 

 

応援いただける企業、個人の方も引き続き、募集中です。

http://phaze.jp/contact/ (こちらからご連絡ください)

 

 

 

おまけー1:福岡での説明会の様子です。

 

http://phaze.jp/orientation_fukuoka_20150616/

 

 

おまけー2:著名なコーヒー店のTでの出来事。小腹がすいたので食べ物を注文しようとしたときに、

 

店員:あ、それは終わってます。

私:じゃあ・・・、これを(店の外に飾ってあるサンプルを指さす)

 

別の店員:あ、これもありません。(そそくさと隠す)

私:ん、じゃあ、これを・・

店員:ありません。

 

私:これ。

店員:ありません。 (私に食べ物を注文させない指示が出ているとしか思えん・・・ (+_+) )

 

おまけー3:6月26日はパスの株主総会。総会後には事業説明会をやります。

私の構想を直接、お話しします。(こちらも楽しみです。)