読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.402 ダイアログ、再び!

この週末は「お花見」がピークです。

今年の桜はいつもの桜と違いますね。満開でも花が痩せている印象です。
直前の暴風雨にやられたか、もしかしてセシウムの影響か・・・。
桜が満開というと、こんもりと花が咲き、そのこんもりとした桜のトンネルの中を歩くと、
花びらがヒラヒラと風に舞う。この感じが大好きなのですが、
今年はなんだか最初から葉桜みたいな感じです。ちょっと残念。


さて、Dialog in the dark(以下、ダイアログ)に再び出かけてきました。

2週間前のメルマガにこう書きました。

視覚障害者の世界(光のない世界)を体感できます。その中で、どう行動し、
仲間と対話し、飲食という日常的な行為をするか。視覚障害の方のナビゲーションにより、
暗闇の中で90分。香り、音、その他の感覚が研ぎ澄まされるのがわかります。」

明るいところで目をつぶって歩くと「怖さと不安」だけが募ります。
ところが、目を空けても閉じても全く光が無いところだと違います。そこに「不安」はありません。
あるのは「静けさ」です。チームで行動する際に明るいところでは考えられないくらい
声を掛け合って動きますが、心は静かです。

この静けさが心地いいのです。

おそらく目から入る余計な情報がないからいいのでしょう。心眼という言葉がありますが、
目を開けていると心眼が閉じるのかもしれません。

前回ダイアログを体験して、これを多くの人に知ってもらいたいと思いました。
そこで、感度が高く、各方面に影響力のある方に声をかけてみました。集まったメンバーは
官僚、大学の先生、主要メディアの方々・・・。豪華な顔ぶれになりました。

私を入れて総勢9名。8名定員のところを、ダイアログの金井代表にお願いして、
特別に9名で対応いただきました。実はこの9名が顔を揃えるのは今日が初めて。
肩書きだけみるとそれなりのメンバーです。年齢もそれなりに違います。

ところが、暗闇の中を一緒に行動する以上、年齢や肩書を気にして躊躇していると動けません。
また危険です。ニックネームで呼び合ったり、身体に触れたり・・・、
そうすることで初めて目的地に行けたり、協働作業ができるわけです。
そこでは全員が同じ条件下の一人の人間。それ以上でもそれ以下でもありません。
これがまた実に心地よかったです。

足元を確かめようとしゃがむときも「座ります」と一言声をかけませんと、
後から進んできたヒトがつまずく恐れがあります。また、方向を指し示すときに
「こっち」だけではわかりません。声を発しながら移動して、
場所を感知させないといけません。また、自然に後ろの人の手をとったり、
前の人の背に触れながら動きます。それがお互いの安心感を生みます。

孤独死が社会問題化し、かつ電車の中で肩がふれただけで、睨んだり、
強引に押し返したりする"世知辛さ"がある中、ここに来ると、心に静けさと
優しさを取り戻すことができます。

リーダーたるもの「ココロに静かな水面を持とう」。明鏡止水は、私が柴田塾で
語るリーダーに求められる大事な要素の一つです。暗闇の中にしばらく佇むと
この心境になります。

視覚障害者の世界を知ることができる場ですが、
同時に自分の心に静けさを取り戻す場にもなります。


ツアーが終わった後に、ロビーで暗闇の中でガイドを務めてくれたHさん(視覚障害者)が
こう言っていたのが印象的でした。

"僕にとって目が見えないというのは、痩せているとか背が高いとかいう
その人の特徴の一つであって、属性ではないんです"


いわゆる"障害者"の方々と普通に接し、普通に一緒に暮らしていくための基盤が
"理解"だと思います。これをできるだけ小さいうちに体得してもらうのがいいに決まっています。
余計な予備知識や慣習に囚われる前にやった方がいい。

ですから、このメルマガを読まれた小学校・中学校の関係者のみなさんへ。 
ぜひ、総合学習の時間帯を活用して、子供たちにダイアログを体験させてください。

また、現職のリーダーのみなさんへ。明鏡止水の感覚を味わい、
自分の心を静かに設定するためにぜひ、ダイアログを訪れてください。おススメします。


わからないとか不安な場合にはメルマガの返信で柴田までお知らせください。
つなぎます。

やはり、経験に勝る学びなし。



======================================

おまけー1:4月27日(金)にメーカーの自社製品によるトラブル対応をテーマとした
一日版「体験型ケーススタディ」をやります。

クレーム処理を含む顧客対応が求められる役職者、広報担当者、
会社を代表する営業責任者の方の"修羅場対応力"を鍛えます。申込み受付中です。

ここも経験に勝る学びなし!

http://www.indigoblue.co.jp/seminars/b03-OT/event20120427.html


おまけー2:最近、あちこちで大型犬のボルゾイに遭遇します。毎回ジッと見られます。
なんだろう? (ちなみに、ボルゾイとはこういうやつです。)

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9C%E3%83%AB%E3%82%BE%E3%82%A4%E3%80%80&hl=ja&rlz=1G1GGLQ_JAJP299&prmd=imvnsl&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=YzyAT6aXGO_kmAX5mfnnBw&ved=0CFgQsAQ&biw=1280&bih=625



おまけー3:来週はいよいよ柴田塾@福岡。初のホテルとのコラボによる「夜マタギ
(夜中に事件が!)です。