読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.410 迷っているうちは・・・

"迷っているうちは動かない方がいい。そのうちパッと答えが見える。そのときに動くべし。
但し、そのときに躊躇すべきではない。その瞬間を逃すと再び深い迷いに入ってしまうから。"


先日、名古屋から来た有為な若者に伝えた言葉です。
コンサルタントとして独立開業している極めて優秀な若者です。

実はこの言葉、目の前の若者に対する言葉であると同時に自分自身への言葉でもありました。

最近、"迷い"を覚えるようになりました。こういう心境になったのは比較的最近です。
それまでは"迷う"ということがほとんどありませんでした。いわゆる即断即決系でした。

外資系コンサル会社の社長、雇われ経営者時代、意思決定を求められる局面で、
"迷う"ということがほとんどありませんでした。
外資系コンサルの社長になってまもなく、つまり「社長」という役割を始めてやり始めた頃は、
さすがに"迷い"がありました。"ちょっと待って・・・"的な受け答えをしたこともあります。
しかしそれも時間の経過とともになくなりました。
まあ、トップとして決めることに慣れたわけです。

ところが、Indigo Blueを本格稼働させて"オーナー社長"になってからはちょっと違ってきました。
"迷う"のです。意思決定が必要な案件の内容は変わっていません。客観的に見ると、
これまで「社長」として、或いは「参謀」として対応してきたものです。
ところが、同じ課題なのにオーナー社長としては"迷い"が生じてきたわけです。
(この感覚、ある意味で新鮮です。)

オーナー社長は一人です。自分の判断を質すヒトがいません。全ての判断が自分次第です。
自分の人生、社員の人生、すべて背負っている感覚があります。社員にはオーナー社長に
背負ってもらっているという想いはないと思います。オーナーの独りよがりです。
但し、オーナー社長はそういう想いで仕事をしているものです・

事業を行うためには資金が必要です。金融機関からは融資の個人保証を求められます。
会社がつぶれたりすると、自分が大変なことになります。それだけではありません。
会社がなくなったときに、ヒトによっては再就職が難しい社員もいます。
そのヒトにも家族がいます・・・。

これは会社の規模や歴史に関係ありません。世の中のオーナー社長たちは、
こういう心境の中で仕事をしているのだな・・・と改めて実感しています。


そんなときに実感したのが、冒頭の言葉です。
"迷っているうちには動かない。そのうち、パッと答えが見える"。

しかし、立場上、いつまでも"迷って"いるわけにはいきません。一定の時間軸の中で
判断しなければなりません。

そんなとき、参謀がいると助かります。参謀は部下ではいけません。
個人的な利害関係者でもいけません。
一定の距離感を持ちながら、ただし自分が置かれている環境のことを概ねわかっている、
という存在です。そういう参謀がいると、参謀との対話の中で"迷い"の雲が晴れていき、
パッと答えが見えるものです。"迷っている"時間が短くなります。

考えてみたら、私はある意味、プロフェッショナル参謀で、これまでそういう役割を
いろいろな経営者に対して果たしてきたわけです。今もそういう役割を一部で行っています。

外で参謀をやっていても、自分にオーナー社長という顔がある以上、
自分にも参謀が必要だなあと思う今日この頃です。


金曜日に「体感型ケーススタディ:オーガニゼーションシアター」1日版をやりました。

テーマは自社製品で死傷事故が発生した会社の社員として、利害関係者とどう向きあうか、です。
この中でプロの役者演ずるオーナー社長が登場します。
そのオーナー社長と受講生たちのやりとりをみていて、オーナー社長の気概、
心象風景に感じ入るものがあり、今日のテーマとなりました。

ちなみに、6月4日月曜発売の週刊ダイヤモンドをぜひ見てください。

第二特集で「「決断できるリーダー、強いチームの作り方。人材育成の新潮流」で、
今までにない"体験型"研修として、「オーガニゼーションシアター」が紹介されます。
このメルマガで何度か紹介した「ダイアログ・インザダーク」も一緒に出ています。
私のコメントもありです。


======================================

おまけー1:毎朝20分くらいジョギングしています。ジョギングしながら"迷い"の
自問自答をしたりしていますが、最近、心を乱されることが多いです。
公園内で遭遇するおっさんのせいです。

このおっさん、ひどいフォームなのに速い!死にそうな感じで走っているのにいつも抜かされる。
しかも、そのおっさんが着ているシャツがださい。うー。そのおっさんに負けている自分が辛い。


おまけー2:体感型ケーススタディを一緒にやってもらっている音楽座ミュージカルRカンパニーの
西宮公演(6月30日、7月1日:時間はいずれも13時~)のペア招待券を抽選でそれぞれ1組
差し上げます。ご希望の方はこのメルマガの返信でお知らせください。
(締め切りは6月5日の12時とします。)

(詳しくはこちらを)
http://www.ongakuza-musical.com/sakuhin/shabon.php


おまけー3:数字が苦手とかコミュニケーションがちょっと・・・という方へ。
会社帰りに、こそっと"自主練"して苦手の克服を。知らないうちに仕事ができるようになろう!

6月コース受付中です。

http://www.indigoblue.co.jp/seminars/a06-QBB/about.html