読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柴田励司の人事の目

Indigo Blue メールマガジン

Vol.615 気が進まない会議、商談、打ち合わせ

嫌なことを言われる、無理難題を言われる、明らかに時間の無駄、・・・気が進まない

会議、商談、打ち合わせってありますよね。これが多くなると毎日が憂鬱。現実逃避

したくなる

気持ちもわかります。

 

私は仕事がら、或いは立場上、リードをとることが多いので、今現在、気が進まない会議、

商談、打ち合わせはほとんどありません。むしろ、私の存在がそう思わせないように

気を配っているつもりです。昔はそうではなかったので、現実逃避したくなったことも

あります。

 

2、3か月前、上との関係性で悩んでいる人のお話を聞きました。顔を合わせるたびに

いろいろ言われるので、できるだけ会わないようにしていたところ、今度はメールで

“攻撃”されるようになった。どうしたものか、と。若手社員ではありません。

幹部社員です。仮にこの方をNさんとしましょう。

 

その“攻撃”メールとやらを見せてもらいました。確かに注意を受けている内容ですが、

“攻撃”とまでは読めません。まあ、メールで書く内容ではないなと思うものの、

Nさんが上を避けているためにメール以外の接点がないとしたら、仕方がありません。

 

“この人から電話がかかってくることはないのですか?”

“あります。・・・ただ、移動中や客先でかかってくるので長くお話しすることはありません”

 

なるほど。まさしくメールで注意せざるを得ない状況です。

 

Nさんは明らかに上のことが気になってしょうがない。幹部全員が参加する会議のことを考えると

胃が痛くなる思いのようです。

 

このような場合、その上司もNさんのことが気になってしょうがなく、意が痛くなる思いを

しているものです。私の経験上、8割方そうです。

 

上はNさんに気になるところがあり、なんとか改善を図ってほしいという想いから指摘している

わけです。Nさんのパフォーマンスを改善したいだけです。このために注意・指摘したところ、

自分を避けるようになり、パフォーマンス、行動も改善が見られない。どうしたものか・・・

と悩んでいるはずです。

 

この場合、どちらかから距離を縮めるような働きかけをするのが一番です。

ぐっと懐に入るようにするのです。それ以外の解決方法はありません。Nさんの場合、

上司は改善のための機会をつくろうとしているようですが、Nさんが逃げています。

 

“Nさん、どうしたいですか?”

“上の目を気にしてドキドキしながら過ごしている状況から脱出したい”

 

“ではその上の人を食事に誘いましょう。近い距離で時間を共有する。

これでだいぶ改善するはずです”

 

“こんなに怒られているのに、私から食事に誘うんですか?”

“そうです。”

“断られるかも・・・”

“大丈夫でしょう。もし断ってくるような上司なら転職相談にのりましょう。”

 

 

先日、Nさんからいまだに注意は受けているが関係性が改善したという報告を受けました。

 

そうなのです。人間関係が悪化している場合、当事者は相手のことを批判・非難しつつも

関係性を改善したいと思っているものなのです。8割方、このやり方で改善します。

 

ちなみに改善しない2割についてもわかっています。

 

-自分への意見を許容しない上司(俺ってすごいだろう系の俺様上司)の注意は育成ではなく

本当の意味での攻撃であることが多いので関係性が改善されることはありません。

その人が周囲に“敵”が多い場合にはこの可能性大

 

この場合には食事に誘っても効果ゼロ(というか誘っても断ってくる可能性大)なので、

あきらめましょう。その場合には転職する、ホットラインに通報してなんとかしてもらう、

が現実的な対応策です。

 

ちなみに部下側での2割の典型は:

 

“私は悪くない”部下 私はこんなに頑張っているのだから、注意される筋合いではない。

誰でもミスはあるもの。上だってミスがあるじゃない。自分のミスを棚に上げて

注意するとは何様のつもりか という反応をする人はこの可能性大

 

 

商談で気が進まない相手は“虎の威を借る”担当者です。優先的地位を振りかざして

接してくる人がいます。そういう人との商談、打ち合わせは嫌ですね。業務上やむを

得ないと思うもののいまだに気が進みません。気が進まないという気配が出てしまうので、

それが参加者にも伝染。予想通り、気が進まない打ち合わせになります。やれやれ。

 

 

おまけー1:キャドセンター時代の仲間のS君に再会しました。私はS君の描くキャラクターが

大好き。キャドセンター社長時代には自社カレンダーのデザインに採用しました。

そのS君が片手間と言いながらTシャツのデザインをしていることを知りました。 

私のお気に入りはこれ。

 

https://clubt.jp/product/431631.html

 

 

おまけー2:Tシャツと言えば先日、原宿で「不老不死」という漢字が書かれたTシャツを

着ている外国人男性を見ました。これはまだしも、その隣の人は「一刀両断」、

さらには「焼肉定食」。われわれも外国語のTシャツには要注意です。

 

 

おまけー3:超寝不足でダウンしそうだった日にオフィス近くの「酸素カプセル」に

1時間入ったところ復活。効きます! ただ、その日にビールを飲んだらバタリ!(効果てきめん)